<< 新芽です(1) | main | 香りでいっぱい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

秘蔵っ子の復活

「新芽です」のつづく…はどうした?って聞かないでください
書きかけで放置していた間に、もう開花が始まってしまいました〜。

さて、養女のサンドリーナですが、
今では実子以上に可愛いうちの秘蔵っ子です。
しかし、昨年の秋、突然元気をなくし枯れこんできたので
「これはコガネか?」と思って、掘り上げてみたら、
根っこの先に、コロコロと腫粒が…。
そう、ガンシュです(号泣

うちの地植えのバラはいくつかガンシュを持っていますが、
サンドリーナは鉢植えなのに、バラの土なのになぜ…?



ガンシュを取り除き、土を変えて様子を見ていました。
一時は、棒っきれのようになり、
たった一本の枝で冬を越したサンドリーナですが、
元来、強健な性質なのか、今春見事に復活してくれました





そしてついに、我が家で一番はやい開花!
今年は、この美しさが格別に目にしみます。

がんばったね、サンドリーナ。



posted by: | サンドリーナ・コルダナ | 15:38 | comments(5) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:38 | - | - | - |
コメント
 
2008/05/04 12:02 PM
Posted by:
COMMENT: なんだよー、(2)を楽しみにしてたのに〜!(うそ)

サンドリーナ、復活おめでとう!
きれいに咲いたね〜。
この子、強いですよね。
でも、癌種もできやすい?という気もする・・・。
うちにあったのも、根元がワインのコルクみたいになってたことがあります。
ヒゲのような根2本を残して削ったけど、なんのこと?ぐらいな感じで、がんがん成長しました。

私も昨日、オメールに癌種っぽいのを見つけてしまいました。
成長が異常に悪くて、どうして?と思って掘り出してみると・・・。
なんかね、もう根のあるとこ全体がコルク状。びぇぇぇん。
2008/05/05 10:21 PM
Posted by: lalaith
COMMENT: ○銀さん
お代官様〜ひらにご容赦を〜(笑)

サンドリーナ、繊細な見かけのわりには、丈夫な子で良かったです^^
ほお〜ガンシュできやすいんだ。知らなかった。

うちは地植えのバラは、ほとんどガンシュもちなんだけど、
結構、生き延びてるよ。
ガンシュってやっかいだけど、そんなに恐れることもないのかな、
という気がするこの頃…。
2008/05/06 5:51 PM
Posted by: ウィリー
COMMENT: ひさしぶりにおたずねしてみました。
サンドリーナ、受難でしたね。でもがんばって復活してくれてえらい!そしてよかった!ほんとにうつくしいですね。

今日、ひさびさに以前は中毒のようにいっていた園芸店にいったら、愛安ローズの苗がやまほどありました。なかにタグはないけどサンドリーナとおぼしきうつくしい色合いが。おもわず手にとってしまって・・・・はい、ちゃんとおいてきました。
えらい?!
2008/05/07 9:00 PM
Posted by: ほたる
COMMENT: ミニって癌腫になりやすい?
うちも、何度も落葉した後に出るパターンがありましたよ。
やっぱ弱り目に祟り目、落葉させないのが一番なんですけど難しいんですよね…。
寄せ植えの一部だったから無事な方を救出したけど、根元はまだ確認していないのです。

看病の甲斐がありましたね!
ものすごく元気そうだし、花がほんと美しい!!
2008/05/10 7:51 PM
Posted by: lalaith
COMMENT: ○ほたるさん
うちではミニがガンシュになったのは、これが初めてなんです。
それがよりによってサンドリーナとは…とほほ;

ストレスなどでバランスが崩れると、発症しやすいらしいですね。
長いこと植え替えしなかったのが、いけなかったのかな。

○ウィリーさん
お忙しいのにおいでいただいて、ありがとうございます。
サンドリーナ、一時はもうだめかと思いました。
この花を見ると、報われますね〜^^♪

いや、薔薇の族としては連れてくるべきでしょう
…あれ?でもサンドリーナお持ちでしたね^^;









トラックバック
 
http://ithilien-2.jugem.jp/trackback/153